E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

日本−ハワイ 勝手におススメ情報(2)チャイナエアライン その2

さて、ここまでは辛抱強く各社の運賃規定などをネットで調べれば、どこの航空会社がどれだけ課金しているかはわかります。

たまたまこの日、一人当たりのスーツケースを4個、ウクレレの入ったスポーツバッグを1つ、おまけにそのバッグの中に無理矢理押し込もうとしていたラップトップとグラフィックボードなどを持ち込んでいた私が車から荷物を降ろしていると、チャイナエアラインの男性が周りの日本人に「チャイナエアライン?」と聞いてまわっていましたが、私のところにさささーっとよって来て同じ質問をしました。

次の質問は「ポーター?」「いまはすごく並んでいるよ。早いよ」と。まあ、どっちにしても一応けが人ですので、ポーターは頼もうと思っていましたので、運んでもらうことに。

ポーターへのチップは大体荷物1個につき$1〜。私の分は$5、としたかったのですが、小銭など使い切っちゃおう〜!のノリでしたので、中途半端なお金を持っていません。スーツケースの中味もバランスが悪く、こっちが軽い、あっちが重い、と色々手伝ってくれたので、奮発して$10!

これが効いたとは思いませんが、まるでVIP待遇のように扱ってくれました。おかげでまったく並ばずにチェックイン♪

アメリカ人はよくカーブサイド(路肩での)チェックインとしてポーターに頼む方法をとっていますが、これがそうです。チップを払ってあげれば良いだけのことです。

さて、またまた並ぶのがゲートに入る時ですね。これまたズラ〜〜〜っと並んでいるではありませんか。

で、右側には「ゴールドライン」なる優待ライン。誰もいません。あとから来る人がス〜っと入って行ったりして。

何気に私は自分のボーディングパスを見ると・・・

「ゴールドライン」

って書いてあるやん!

「書いてあった!」と笑いながら並んでいた一般ラインから優待ラインに移ったのでありました♪

 チャイナエアラインのフライトアテンダントはどこぞの会社のように高ピーでもないし、かといってアメリカの会社みたいに乱暴なおばさんでもなく、どことなく清楚な感じのする若いお姉さんがたくさん乗っていました♪

評判の料理はと言えば、

まあ機内食ですから期待は出来ませんが、お粥が出たりして、結構美味しかったのであります。

料金がほぼ一番安くて、サービスが良くてですから、満足度100。ただ、飛行機が古いみたいで座席の狭いところもありました。私は窓側の2席のところを取ったので、窓側の空いている隙間に足を伸ばせて、これまた楽チン空の旅でございましたよ。

一人のお姉さんに「チャイナ、気に入ったわ♪」と伝えたら、とっても嬉しそうに「また会いたいですね」って。他人には良い言葉を使うもんですね♡ 

それと英語で「やさしく」コミュニケートする、のがコツかもしれません。
時々日本人の中年の女性が命令口調の英語でやり取りしていることがありますが、お願いするところは丁寧な言葉を使えるようにしておくと良いのではないでしょうか。

日本−ハワイ 勝手におススメ情報(1)チャイナエアライン

さて、大変ご無沙汰いたしましたが、今月からはハワイから得た情報を日本から発信して参ります。あらためてよろしくお願いいたします!

で、まずは今回の帰国に際しまして、あら、おススメ!と思ったものを勝手にご紹介です。 

第1回目は、航空会社。 

頻繁に帰国をすることがなかった私はマイレージは持っているものの、だいたいが期限切れになってしまうので、いつも安い航空会社などを見つけて帰ってきますので、利用の飛行機はまちまち。カリフォルニアから帰る時はユナイテッドだったり、シンガポールだったりしたこともあります。

でも、ハワイとなると便が限られますね。

そんな中今回の決めては荷物の持ち込み制限!チェックインの荷物が1つか2つか?これは大きな問題です。はい、ビジネスクラスでなくていまだにエコノミーですから。

2つまで持ち込めるのはJAL、ハワイアン、大韓航空に中華航空。どうしても昭和の私は韓国とか中国とかに勝手に抵抗があったりして、それでも湾岸戦争のときコリアンエアーで帰ったことがあるのですが、何となくチョイスからは外してしまうのですねー。気持ちの問題ですが。

コリアンで飛ぶのが好きな人もいらっしゃいますね。なんと言っても料金はいつも安いです。

さて、先ほどのチョイスでは、JAL、ハワイアンの東京便はめちゃくちゃ高い!(私にとってですが。)
ということは、チャイナ?

聞くところによると、料金の安さと食事のおいしさで日本人にも人気なのだとか。

で、企業は台湾、香港、と聞いて、それだけで、簡単に安心した私は(なんで〜?)チャイナで帰って来たのでした。

途中、ご存知の方もいらっしゃいますが、けがのために予定を変更したのですが、その時の変更手数料も、他社であれば$100だったか$150だったかかかるところをチャイナの場合は確か$50でしたよ。

超過荷物の料金やオーバーウェイトの料金もダントツで安い!他社ではチェックインのスーツケースが増えると、エキストラのものが1つならまだしも、2つ目以上になると$200、$300となります。飛行機に持ち込ませないのが目的なのか、でも、観光地としてはなるべく大量に日本人に買わせたい!ジャムなんて1ダース買わせたい!(笑)わけだから、それをもくろんで荷物の料金で儲けちゃおう!ってことなのか、とにかく最近の料金設定はアグリーですね。 

それを救ってくれているのがチャイナエアラインだ!と私は勝手に思ったのでした。

そして、まだまだ取っておきの秘密がアリです♪ 

少々お待ちくださいませ

ただいま移動中にて、ゆっくり記事をしたためている時間がございません。宮殿関係の資料、ニュースはたくさん手元にありますので、落ち着きましたら少しずつこちらで紹介して参ります。少々お待ちくださいませ。

ちなみに、本日1月17日はリリウオカラニ女王が退位を迫られ受け入れた日です。 1883年のことでした。

イブニングツアーです!

予告なしですが!

明日12月27日はカピオラニ王妃の生誕179年を記念して、恒例のイブニングツアーが行われます。

今回はまた特別にコアの階段を昇れる機会です。滅多に公開されることがありませんので、ホノルルにいらっしゃる方はぜひお越し下さい!

チケットは正門を入った近くのテントで販売になると思います。
大人12ドル、5〜12歳のお子様6ドル。
ツアーは午後5時半から9時半まで。最後のチケット販売は午後9時15分です。
20人ずつのグルーブで入場します。例年好評で、早くから並ばれますので、早い時間か遅い時間が並ぶ時間が短くて済むかもしれません。

写真撮影はできますが、中でのフラッシュはご利用になれません。また、ビデオはご遠慮いただいております。

館内ではオペラやクラシックの演奏。宮殿敷地内ではハワイアン・ミュージックやフラが行われます。飛び入り参加のフラもできますよ!

またとないこのチャンスにぜひお越し下さ〜い! 

ブレイズデル(ホノルル)・ファーマーズマーケット

毎週水曜日夕方ブレイズデルセンターで行われるファーマーズマーケットは、来週から3週間お休みになります。再開は1月8日の予定です。オアフ島では他にたくさんファーマーズマーケットがありますので、そちらをご利用ください!
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ