E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

2010年05月

宮殿展示物の見どころ - Artifacts4青の間

しばらく宮殿の話をお休みしてしまいました。久しぶりに見どころをちょこっと書きたいと思います。見どころの3を書いたのは3月の頭だったんですねー、随分間が開いちゃいました!

青の間はその名の通り、青のインテリアで統一されています。ここは小さなパーラーと言われたように、小規模の音楽会や応接間として使われたところです。現在はその頃に(一般的に)使われていたピアノを置いてありますが、その当時はグランドピアノが置いてあったとのことです。現代で言うヨーロッパのクラシック音楽やオペラなどもここで披露されていたようです。ですので、12月最後の週末に行われるカピオラニ王妃の誕生日を記念してのナイトツアーでは、その模様が復活されるのです。

このお部屋にはカラーカウア王、リリウオカラニ女王や彼女のご主人のジョン・オーエン・ドミニス殿下の肖像画を始め、たくさんの家具や置物などが現存しています。中央のシャンデリアも電気に代わってからのオリジナルのものです。この下で何があったか、それはツアーを楽しみにしてください。

このお部屋には、その他にイギリス・ロンドン、ウエストミンスター大修道院で行われたヴィクトリア女王戴冠50周年の式典を現した絵やヴィクトリア女王の絵もあります。多くが当時のまま現存しているもので、当時と同じところに置かれていますので、このお部屋に入ったらティーパーティーをしている様子やオペラを鑑賞している風景を想像してみてくださいね。

プアケニケニ

ところで昨日のプアケニケニは1日経ってこんな色になりました。だいぶ傷んできちゃったんですが、相変わらず良い香りを漂わせてくれてます。
IMG_0756

プアはハワイ語で花、ケニケニには10セントという意味があります。1800年代後半に高価なレイとして用いられた頃、そのレイが10セントだったのでテンセントフラワーと呼ばれたとか。花の形といい、香りといい、もうちょっと可愛い名前の意味があったらいいのにな、なんて思うのは私だけでしょうか。意味を知らなければ、プアケニケニ、って可愛い響きではありますが。 

訂正です

5月21日付けでお知らせしたイオラニ宮殿のカマアイナ・サンデーですが、従来の通り6月5日(日曜日)に戻りました。ですので、4日、5日と続けて通常とは違うスケジュールになりますので、ご来館予定のお客様はご留意ください。

イオラニ宮殿にいらっしゃる方にお知らせ!(2)

先日、6月5日土曜日のイベントのご案内は致しましたが、その関係上、通常第一日曜日に実施されるカマアイナ・サンデーがこの月は6月12日の土曜日になります。ご注意ください。

第5回ハワイ・ブック&ミュージックフェスティバル 2日目

ということで、この頃パワーのある私は、早起きしてシャワーを浴びて、しっかり朝ご飯を食べて、と言っても途中でネットをチェックしたりしているのでナパラパライの出演時間の12時に近くなっていましたが、いそいそとボランティアをしに出かけていきました。日本ではいまだにボランティアワークが一般的でないようなので「お金ももらえないのによくやるよね」と言われそうですが、ま、楽しいことはお金が入らなくてもできるのです。

というか、昨日で終了した仕事を今日も張り切って手伝うっていうこと自体が運営サイドに取れば「天から降ってきたボーナス」なわけで、顔を出しただけで喜ばれてしまうわけです。それを利用しちゃったわけではありませんが、「ナパラパライの演奏が終わるまで待ってね」と1時間は遊ばせてもらいました。こう書くと、いかに私が自由に生きているかお分かりいただけてしまうかもしれませんが。(笑)

もう一つはこのブログのために写真を撮る使命があったからでもあります。といっても、このブログ自体収入につながるものではありません、これまた!ここまで行くと極楽とんぼかもしれませんね。

ということで、昨日は見られなかった他のブースをぐるっと一周してみました。

IMG_0728IMG_0729

まず最初に向かったのは、去年ハワイに進出してきたターゲットのブース。子供達のためにショーをしたり読み聞かせを行ったり、そしてとても寛大にマラサダを配っているのです。昨日はそれを知らなかったので、今日はしっかりいただきました。メインランドでは何とも思わなかったターゲット、大好きです!(笑)

IMG_0730IMG_0732

奥の方には子供達のための遊び場。風の強い1日だったので、小さな女の子が木の葉が舞い落ちるのを無邪気に追いかけていました。

IMG_0733IMG_0734
IMG_0735IMG_0736
 
広い会場内にはレストランのブースなどもあり、のどかなランチ。
ただし、今日は芝生に住んでいる小さな虫が大群で飛んでいたので、じっとしていようものなら、あっという間に体中虫で覆われてしまいます。黄色のTシャツを来ていた私はひとたまりもありません。一人で虫を集めてました。(涙)

IMG_0737IMG_0739

こちらはキャッシュが必要な人のための自動現金引き出し機の移動車版。バンクオブハワイは協賛者ですが、しっかりしてます! キングストリートは一方通行で右から左に流れていますが、流れとは反対の方向を向いて止まっていました。この場合は警察も違反チケットを切らないんですかねえ???

IMG_0740IMG_0741

こちらは本のスワップができるところです。右はビショップ博物館のブース。と、ここまで回ってくると12時を回ったので、メインステージに。ところが、その前のマイラニのハナホウで15分ぐらい遅れていました。日本ではこれまた考えられない状況ですが、ナパラパライ程の大物でも(といってもハワイアンの世界でですが)、お客さんがまばらだったりするのです。虫をよけようとテントの中に入ったのですが、虫はおかまいなし。目の前に数人座っていた人たちも途中抜けたりして・・・2〜3列遠巻きにしたものの、それでもバッチリお顔の拝見できる位置です!

IMG_0746




IMGP2902

ここまでくると、もう私のために歌っているというような錯覚さえ起きてきます!(笑)この日はほぼ全盲の(間違っていなければ)ミュージシャン、ショーン・イシモト氏が大活躍していました。ナパラパライの美声はともかく、ショーンを交えての演奏、歌とともに、体全体に快い衝撃が走る程、パワーのある歌声を聴かせてくれました。ラッキー以外の何ものでもありません!

彼らのエネルギーがまっすぐに飛び込んできたので、思わず2度程ビデオにおさめたのですが、私なりにちょっとした理由があって公開しないでおこうと思っています。まあ一つの理由はワイプナやマウナルアやウェルドン程まだ親しくないので、ということなんですが。もう一つの理由は、きっと数ヶ月〜1年先に言えると思います。それまで皆さん覚えていらっしゃるかしら?というか、私の方が忘れそうです。(笑)


 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ