E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

2010年07月

カイマナヒラ〜♪(ダイヤモンドヘッド)

ずーっと風が運んでくる火山灰やいずれかの野草、そして近所のネコでアレルギー気味だった私ですが、先週ノースのワイメアビーチで海に浸かりすぎてとうとう風邪を引きました。あーあ。今日から始まるカルアピッグ、写真を撮りながら遊びに行く予定でしたが、ケホケホしながら料理の場所にいられないので、今回は最終の日曜日だけ、それまでに風邪を治さなければなりません!それもこれもメリものため。フラとはこんなにも「専念すること」を要求してくるものだとは思いませんでした。ということで、サンクスギビングのときにもまたカルアピッグを作るので、そのときに準備段階の写真を撮ろうと思います。

さて、ご近所さんがメインランドに帰るというので、オアフをよく知っていない彼女のために先週末はあっちこっちと連れて回ったのですが、まず最初はダイヤモンドヘッド登頂です。オアフのあちこちが曇っていてもダイヤモンドヘッドの周りはいつも晴れているので、登るにはあまり暑くならない朝が良いのです。

が、この彼女、私よりも輪をかけて夜型なので、「8時に出る?」なんて自分で言っておきながら当然出発は10時半です。(笑)いつもTシャツ型の日焼けは避けたい私はチューブトップを着て出かけるのですが、いつも日焼け止めを塗るのを忘れてとんでもない日焼けをします。この週末もこの時を境に程よい日焼けが黒こげになりました。

さて、ここで豆知識。カイマナヒラとはアルファベットで書くと、Kaimana-Hila、ダイヤモンド・ヒルという意味です。もともとハワイには文字がありませんでしたので、カイマナヒラという響きはハワイ語ですが、アルファベットにすると私たちにとっては英語読みのようになるわけですね。わかってもらえるでしょうか、この屁理屈。(笑)

古くは、Lae-'ahi(Le'ahi、eの上にカハコが載ります)。火の女神ペレの妹のヒイアカが、頂上がアヒ(マグロ)のラエ(レー、おでこ)に似ていると命名したのが由来と言われています。もう一方の説は、海岸沿いを航行するカヌーを導くために頂上に火を灯したことに寄るというものです。下から吹き上げる風で山頂の火が消えないように、山頂に風の神を奉ったヘイアウ(寺院の意味)を建てたとのことです。今日では1917年に建設された灯台が船舶を導いています。1917年というと、リリウオカラニ女王が79歳でその生涯を終えた年です。
 
1700年代後半には「レーアヒ」を訪れる西洋からの探検家が、クレーター斜面の岩に含まれる方解石のクリスタルをダイヤモンドと間違えたことから「ダイヤモンドヘッド」の名称が一般的になりました。

1900年代には見晴らしの良さから米軍の沿岸要塞として使われた歴史もあります。

まあ、前置きはこのくらいにして、頂上からの見晴らしをお届けしましょう。ワイキキからワイアナエ、後方はパンチボウル、マノア、セントルイスハイツやマウナラニの住宅街、カハラ、ハワイカイなどが望めます。

IMG_1020IMG_1022
IMG_1023IMG_1025
IMG_1028IMG_1029

ダイヤモンドヘッド登頂はハイキングというよりはアスレチックフィールド。最後の階段とトンネルがそんな感じです。

IMG_1032IMG_1038

そして、行くたびに笑えるのが、このアリの行列。

IMG_1045

まあ登っている私もこの中の1匹になるわけですが。

そして降りてくると待っているのがこのトラック。

IMG_1052

かき氷の看板も。ダイヤモンドヘッド公園内は販売行為ができないことになっているんですが、このトラックは何なんだろう?といつも思います。それと紛らわしいのが頂上付近で寄付と交換に発行してくれる「登頂証明書」$2です。ご近所さんは記念に持ち帰ってましたが、私はただでさえ紙に埋もれて暮らしているので、証明書はいただかずにその代わり$1のご寄付を致しました。寄付ならもっとしろって?(笑) $1でも「ありがとう」と言ってくれるのがまたうれしいとこです。

そしてサラダを食べたかったお隣さんのためにワイキキのショアバードに行ってランチをしました。

IMG_1054

ショアバードのあるアウトリガーに入って行くとウクレレ抱えたこの人が目を丸くして出迎えてくれました。そうです、ワイプナのマット。ミュージシャンの多くはフルタイムの仕事も持っていて、きちんとその仕事もこなしているんですよね。何でも午前中のウクレレレッスンを終えたところとか。その後はホテル内のデスクで働いてました。

IMG_1055

ハワイアン音楽に縁のないメインランドからの観光客達がマットにハワイ語で名前を書いてもらっていましたが、「この人、何を隠そう今をときめくミュージシャンなのよ」と心では言いたかったのですが、その時はおおざっぱな英語になっていました。ま、気持ちは伝わったんじゃないかな?(笑)  

イピラプエラ宮殿?

フラサマーが一段落したと思っていたら、今度はご近所さんの引っ越し騒ぎに巻き込まれて、相変わらず日夜嵐のような日々を送っています。そうこうするうちにどのネタを書こうとしていたのかもわからなくなってしまいました。写真もゴマンとあるんですがフェイスブックに載せるだけでくたびれてしまって頭の中の整理ができてません。(笑)

その嵐のような中で、先日行われた官約移民を記念してのイベントの主催者及びボランティアに対しての感謝ディナーパーティーがありましたので、メインランドに帰るご近所さんにつきあってあちこち行く間にパレスに顔を出して来ました。残念ながら連絡が悪かったのか、集まった人たちはほんとうに一握りだったのですが、そのとき早くについてしまったので、フト、フレンズ・オブ・イオラニパレスの本部のあるカナイナビル、ロビーにおいてあるショーケースを何気にみていたんです。

すると、そこに日本からの茶道の道具が置いてあることに気がつきました。

IMG_1062

横にはその記念日を印した表示が。で、読んでみると、

IMG_1061

イピラプエラ宮殿???

行われたのは2001年の7月、「高円宮・同妃両殿下の御前にて」と印されています。で、スタッフらに聞いてみると、当然ですが誰も気がついていなかったとのこと。まあ、気が付いてもどうにもできませんが。ということで、これを書いた方、イオラニ宮殿のスペルが汚くて読めなかったんでしょうか?どこかで「イオラニ宮殿」が正式名称だって気が付かれていることを望みます。 

***** ***** ***** *****

ee7677ec-s.png 

不思議な力で呼ばれた椅子

なんて、オカルトっぽいお題目になってしまいましたが、スピリチュアルなパワー満載のこのハワイでは、この偶然はやっぱりスピリッツ(精霊)か不思議なパワーが働いているとしか思えません。ハワイの人は「ハワイのご先祖様や王族の霊が運んで来た」なんてことも言っています。どんな話かと言いますと・・・

先週の木曜日、ホノルルアカデミーオブアートのアートセンター玄関前にアンティークの椅子が一つ置き去りにしていたのです。寄付した人はわからず。アートスクールではこれをヌードモデルが座る椅子にでも、と思っていたのですが、その椅子が置き去りにされた数時間後にイオラニ宮殿のコレクションマネジャー、マリアが通りかかり、その椅子は「青の間」に置かれていた椅子であることが判明したのです。椅子はオリジナルの塗料がはげていたし、布地は赤に張り替えられていたので、すぐにはわからなかったようですが、黒胡桃製で、背もたれや脚にぶどうの葉と実をあしらった模様が手がかりになったようです。

青の間に置かれていた椅子は全部で10脚。1860年代、最初のイオラニ宮殿で使われていたものをリリウオカラニ女王が1892年に一新し、青の間にアレンジしたのです。今回見つかった椅子はそのうちの一つのようです。

アートセンターでは、このような形での寄付は通常受け付けないし、おすすめもしないとのことですが、今回の寄付者は誰も知らないのです。ただ、そこに置かれていたメモから、この椅子がホノルル市内の、ヘルミニア・ラオラ・ロスさん(昨年ご逝去)宅のものと判明。イオラニ宮殿では彼女に1970年代後半からコンタクトを取っていたようですが、10年以上音沙汰がなかったのです。多くの家具や調度品などは先祖代々受け継がれて行くので、その足取りがつかめるのでフレンズオブイオラニパレスでは、その子孫をたどってコンタクトをしているのです。

イオラニ宮殿のスポークスマンであるランス・レイ氏によると、似たようなケースが1976年にもあったとか。たまたま修繕のため民家のガレージの外に置いてあった椅子を通りかかったイオラニ宮殿の従業員が「青の間」の椅子と気付き宮殿に戻されたそうです。

誰にも知られずに寄付された椅子、そして偶然に通りかかる従業員、宮殿にあった物達は宮殿に帰りたいがために羽を付けて飛んでくるのでしょうか。それとも精霊が運んでくるのか・・・。

こんな話が尽きないファンタジックな宮殿、益々魅力を増しています。まだいらっしゃっていない方はぜひ一度ご来館ください!

参考記事:http://www.staradvertiser.com/news/hawaiinews/20100712_Anonymous_donor_leaves_royal_chair_at_Art_Center.html

***** ***** ***** *****

marketingToolJ 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ