E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

2011年01月

ジョン・K・アルメイダに胸キュン

今週末はのんびりしていたので、昨日はメルマガを2週間先まで一気に書き上げてしまいました。最初は毎月月曜発行、月4〜5回だったのが、メレの発行を始めて、それも3回に増やしたので、7〜8回は発行するはめになり、頭の中が年中ハワイアンです。そんなわけで、数日前には、またハワイ語の名前を夢でみていました。これで3回目。なぜか、ミュージシャンのホオに英語でスペルを聞いて書き留めていたんですよね。(笑)ホオに聞いてみよっと。

そういえば、この前のカニカピラで特集されたアンティ・アームガードも、ハワイ語は話さなかったのに、ハワイ語の詩が夢に出て来たというからすごいです。私の場合はまだ単語が2つか3つですけど。

こんなふうにハワイアンってのは不思議な魅力があって、ますます虜になっちゃうのかもしれません。

昨日書き終えたのは、私のだ〜い好きな1曲、"Kiss Me Love"。ワイプナがCDに納めて、それを聞いた時に、私のところによく検索で飛んでくる"E Pili Kaua"よりも実はほれてしまった曲です。カレ、ごめん!で、まだ以前のハーラウにいた時にこれを習う機会があって、もう毎日のように踊っていました。今でも歌いながら踊れてしまうくらいお気に入りなのです。

で、いつものごとく、この曲について調べていたら、いろんな発見が出来たのです。

今日、2009年、ハワイのメレについてカイナニ・カハウナエレさんがしてくれたワークの録音を聞いていたのですが、ハワイの歌と言うのは、カオナ(隠された意味)や誰のために作ったかがはっきりと示されていないものもあって、それはそれで良いこともあると言ってました。どこの誰と誰がどうのこうの、と言わないところが良いのでしょうね。

でも、このカオナというのは本当に素晴らしいと思います。サラッと聞いただけでは花の詩ですが、実はそこに隠された意味がある。そして、なぜ、その花なのか。そういえば、10日配信予定の"My Sweet Pikake Lei"もそうでした。

そして、そのカオナもやっぱりその時の背景が分からないと意味をなさないようになっている。でも、分かってしまうと、これがまたたまらんのです!ジョン・アルメイダと言う人は、本当のロマンチストだったんだなあって思います。絶えず女性が周りにいたと言われていますが、きっと女性の♡を詩でとらえてしまうのでしょうね。

それでその時々の女性を詩にしていたというのですから!ある意味、昔の方で良かったです。今生きていたら、追っかけてたかもしれませんもん!

「メレフラ」にショック!

この頃フラ関係のブログを読むと出てくるのが、この「メレフラ」という言葉。Mele hulaというのはハワイ語でフラを伴ったオリまたは楽曲という意味で、私の知る限りパーティの意味では使われない。

ディナーを伴ったパーティであれば、Pa'ina(パーイナ:カハコ)だし、ショーであればHo'ike(ホーイケ:同カハコ)だし、みんなで歌ってそこにフラが登場してと言うのはKanikapila(カニカピラ)だし・・・。

で、日本のブログを読んだりグーグルしてみたりすると、「メレフラって、歌って踊って楽しいことじゃない?」みたいな解釈まで出てくる!

もう、この日米の温度差に愕然と来て、ハワイの日本人のフラ友達に聞いてみたら「いいんじゃな〜い?」って。「カルピスだってカルピコに変わったでしょう???」

あなた、きちんとしたハワイ文化を伝えるんだって、日米の温度差にガッカリ来るって言ってなかった?それにカルピスは全然視点が違うと思うんですけど。彼女との温度差を感じた瞬間でした。(笑)

ますますガッカリしたので、フェイスブックで問いかけてみたのです。まあ土曜日だし、チャイニーズの新年だからどれだけの人がみているか分からないけど、案の定と言えば案の定、フェイスブックでお友達付き合いをしてくださっているノエラニ先生が即答で「知らなかった。じゃ、直しなさい!!!」って。(笑)

まあ、私の影響力がどれだけあるか分かりませんが、せめて日本で教えている先生方は「今度メレフラね〜」とは言ってほしくないなあ、と思います。特に「伝統的なフラを教えます!」と歌ってらっしゃる先生ならなおさら!

それでも、日本はそうやって新しい造語が出来て行くから、日本に100万(もっとかな?)はいると言われるフラダンサーが直すよりも、浸透する方が早いんでしょうね。というか、企画サイドとかメディアが使うんでしょうね。

それにしても誰が最初にメレフラ、なんて言い出したんだろう???

でもね、こういう意味を取り違えた言葉を作り出してしまうから、英語にした時に通じなくなっちゃうんですね。車のバックミラーって言うけど、rear view mirrorで、バックミラーなんて言わないし。

だからいつまでたってもフラダンスなのかなあ・・・。


追記:

ちなみにメレフラ自体が間違った言葉ではありません。日本の人が日本語文法的に考えて意味を取り違えているのですね。ハワイ語は英語や日本語のように形容詞が前に来て名詞を修飾する、という形を取りません。だからメレフラ=音楽に合わせて踊るフラ、は間違え。mele hulaはその字のごとくフラのためのオリ、メレです。

間違えの良い例がラニカイ。1924年に開発が始まって名前がラニカイと代えられたのですが、天国の(ような)海と言った意味で付けられたようで(ホノルルアドバタイザー、1948年8月15日の記事)、英語の文法に従ったものです。なので、本来ならば「ラニカイ」は「海の天国」という意味になります。(Mary Kawena Pukui, Samuel H. Elbert & Esther T. Mookini: "Place names of Hawaii")


ばかに出来んぞセーフウェイ!

さて、カパフル・セーフウェイのお話をもう一つ。皆さんがヤンヤとワイキキ・アラモアナでお買い物するお店というのは、ハワイのものにこだわったものでなければ、多くがメインランドから出て来ているものですが、セーフウェイもそのうちの一つ、カリフォルニアから来たスーパーです。

実はSafeway、VONS、WALMARTと言ったら、安物しか置いていないといったイメージで、メインランドにいた時はほとんど行かなかったスーパーなんです。ところが、ハワイではVONSはありませんが、セーフウェイなどは高級スーパーの仲間入りをしています。それに価格もドンキやフードランドに比べると高め。ハオレ(白人・ハワイ民族に取っての外人、いい言葉ではありませんが、ハワイならではの歴史的憎しみや軽蔑を含みながらも愛着を持って使われる何とも不思議な言葉です)や観光客が行くスーパーとして知られているのです。

ところがですね、このセーフウェイもクーポンを使えば、かなり安くあげることが出来ます。それもクーポンを切り取る必要はありません。クラブカードを作って、ウェブ上でそのクラブカードにクーポンを載せるのです。ただし、これはハワイ住民に限られる!と発見しました。ですので、お買い物をする時にはハワイ住民と一緒にしましょう!

この頃ちょっと甘いものを食べるようになってしまって、昨日はお腹が激空きの状況でお買い物に行ったので、気が付いたら必要なものよりもお菓子が増えていました!!!

昨日のお買い物はコレ!このシリーズのものを去年のどこかで写真に撮ってフェイスブックとこちらのブログにも載せた気がするのですが、写真がありすぎて見つかりません!!!確かホワイトチョコ・ブルーベリーの組み合わせとヘーゼルナッツのものでした。

今回はダークチョコにオレンジとクランベリーが入っているもの! これがなかなかイケルのです!カリっとクランチーなのはクランベリーかしらん?普通は$3.29、クラブカードで1枚$2.50でした!このシリーズ、お土産におすすめです♪

IMG_1989

ここは、フランスパンのバケットやオリーブ、ピーカンなどがつまったパンなども安くて美味しいですよん〜♪ 

割り込みおばさん

久しぶりにお会いしました。ワイキキにはほとんど仕事でもない限り行かないので、ホノルルに住んでいても日本人と接点の少ない私ですが、最近はカパフル通りのセーフウェイがツアーに組み込まれていたり、ワイキキから来る観光客さん達がいたりで、日本人はよく見かけます。

夕方お買い物に行った時のこと、隣のレジが人がいないから並ぼう〜としていたら、後ろから走って来てサッと入ったおばさん。「あ、日本人」とすぐ思ったのですが、雰囲気は観光客っぽくなく、地元の人っぽい。でも、その後お連れの方がやって来て日本語で会話を始められました。「やっぱりね。」

「レジは電車じゃないから逃げませんよ〜!」

アメリカに住んでいて何が幻滅って、エコノミックアニマルの名残のような日本人に会う時です。これは中国や韓国からの観光客にも見られるんですが、アジアの文化なんでしょうか?人をかき分けてでも前に出る。

あ、メリモの会場を思い出しちゃいました!

地元の人もアメリカ人も嫌がる行為なんです。どうしたら、やめてもらうことが出来るんでしょうね? 

今頃テディーズバーガー

昨日は実はほかにも写真を撮っていたのでした!ちょっとお昼を食べはぐってお腹が激空きになって来たので、普段はジャンクフードを避ける私なのですが、好きすぎてビーフが食べたくなってしまったのです!

ということで、原始的な生理的欲求のみで入ったことのないTeddy's Bigger Burgersモーイリイリ店に車を走らせました。もうすでに2時半を回っていると言う時間帯です。

昨日もとっても良いお天気。ユニバーシティー・アヴェニューを走っているといつも目の前にマノアの山々が広がって写真を撮りたくなってしまうのです。

IMG_1964

で、カシャッとiPhoneのシャッターを切った途端に信号が青に変わりました!

テディーズバーガー・モーイリイリ店はベレタニア・ストリートの「こころ亭」の隣にあります。

ちなみにワイキキや日本のスーパー、書店、モールなどでゲットできるフリー誌のクーポンは大体ワイキキでしか通用しませんので、ご注意を!

車をお店の前に止めて、お店に入ろうとすると、ばったり、私のターボキックのお気に入りイントラが出てきました!なんで?
ま、こういうシンクロニシティもあるでしょう。(笑)
私のバーガーをへの欲求は正しかった!ってことで。

こんな時間、お店は空いています。
IMG_1965

初めてのお店はキンチョーするので、考えなくていい#1のコンボ。(笑)

IMG_1966

外観の写真にあるような美味しいバーガーでございました。ただ、エアコンの効いた車に乗せて持ってかえって来たので、フレンチフライが冷めてしまいました。

しかし!ドリンク、フライ付きのコンボが$8前後ということは、カパフルのバーガーズ・オン・ザ・エッジで神戸牛のバーガーを食べるよりもお手頃でございます。 

モーイリイリ界隈にもう1軒美味しいバーガー屋さんを見つけられて嬉しい午後でした♪ 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ