E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

2011年08月

ドライヤーシートの魔力!

私のフラブログやフェイスブックのファンページにはカラーアウを伐採しに行ったときの様子を載せたのですが、一つ強調して皆様にお知らせしたい事がありました。

それは洗濯物を乾燥させるドライヤーに入れるシートの力です♪ 長く読んでくださっている方々は、私がどれだけ蚊に刺されるかご存知だと思いますが、カラーアウ用のストロベリーグァバを伐採して、短くノコを入れている時に、今回はジーンズでなくワークパンツを履いていたので、ソックスとパンツの間に見えていた素足をガンガン蚊が襲っていたのです!!! 

シスターがすかさず、「あなたの得意のドライヤーシートはどうしたの???」と言われ(かなり有名です!ー笑)、パンツのポケットに入れていたのを思い出し、それをソックスの周りに巻いたのです。

ちなみに「虫除けなんちゃら」という日本製のディードは付けていたんですけどね。効きません!!!

ところが、このシートを巻いた途端、蚊がいなくなったのです!!!それどころかカユミまで治まった!!!まあ、かゆみが治まったのは偶然かもしれませんが。ドライヤーシート、かなりの威力です♪

蚊に刺されやすい人は、だまされたと思って1箱買い置きをどうぞ!

あのときめきをもう一度♪

こちらのブログ、この頃ホヌのスピードの更新になっております。忘れているわけではございませんので、引き続きお付き合いくださいませ。

さてさて、今夏からワイキキ癒しのスポットで行われるモーニングフラのお手伝いを致しておりますが。毎週金曜日はそこにクム・ブレインが現れて何やら結婚式のような事をされるんですね〜。もう3〜4回は見ているんでしょうか?そして、そこには毎度毎度、ワイプナのマットさんがスコップ片手に現れて、その後はウクレレで歌って、フラダンサーが踊ってという一連の儀式が行われます。

結婚式にしては簡単だなあ・・・と不思議に思ってはいたのですが、聞かずじまい。で、今日はマットさんがスコップで砂かき(で良いの?)をしているところに行って聞いてみました。「これって、何?」って。(笑)

そうしたら、結婚の誓いのリニューアルなんですって!アウトリガー・リーフにお泊まりの方でご希望の方へのコンプリメンタリーみたいですよ。コンプ、と言う事はタダよね?詳しくはコンシェルジェにお尋ねください!豪華キャストですよ!!!

詳しくは、こちら。あ、いつもと同じで、私が宣伝費もらっているわけではありませんので、ご心配なく♪毎週火曜と金曜らしいです。結構人気で日曜日も加わるかもしれないと、モーフラのカレオ先生が言っておりました!

IMG_3951

悲しくて恐い話・・・インド菩提樹

今日はちょっと違う宮殿の話です。本当はテーマを「スピリチュアル」とかにしようと思ったのですが、そうするとそちら系のセールスの方が来られても嫌なので、いつもの通り「ハワイの文化・芸能」です。

イオラニ宮殿にお越しになったことのあるお客様なら必ず目にするのがマウカ(山側)にあるインド菩提樹。樹齢130年ぐらいです。この木は、カピオラニ王妃が1879年頃に宮殿の現在のところに植えたと言われています。最初は2本の木だったものが成長して一つになったものです。

この木は細い根を枝から下ろしてそれを地に着けて大きくなっていきます。今日、ほとんど2ヶ月振りに宮殿に行って、その根がかなり伸びていることに気が付きました。

私は宗教家でもなんでもありませんが、古い大きい木には霊(魂)が宿っていると言われます。これほどに成長した木であれば、そしてカピオラニ王妃が植えたものであれば、それは昔のハワイアンの人達の霊があったとしても不思議ではありません。

ところが残念なことに観光客(ほとんどがそうだと思いますが)がこの木に傷を付けていくのです。子どもにブランコをさせる親もいます。

「落書きはしないで下さい」と書いてあってもです。木の根を引けば、枝が折れることもあります。

写真でお見せしましょう。

IMG_3905成長した根が地上に伸びていきます。後ろの方で灰色の幹になっているのは、元々こういう成長しているものが根を下ろしたものです。

この場所は通常、ボランティアなどパーキングパス(駐車用パス)を持っている人たちが利用する場所です。

根にさわって写真を撮るぐらいならまだ良いですが、傷をつけて良いスピリット(霊)がついてくるとは思えないですよね。せっかくのハワイに癒されに来て、変なものを持ち帰ったら何のためにお金をかけてきたのかわからなくなります。

さて、どんな人がこういうイタズラをするのでしょう?

IMG_3902





大体は英語です。英語だからといってアメリカとは限りません。マナーの悪さ、これは一つの国に限りません。






IMG_3903





こちらハングル文字!







IMG_3904





残念ながら日本の人もしていました。

これって何の記念になるのでしょう?





「ダメ!」と言われてもやる人はどこにでもいます。でも、悪いものに憑かれるかもしれない、と思ったらそれでもまだやりますか?

皆さんの幸せのためにも木を傷つけたり、石を持ち帰ったりはしないで下さいね。

イオラニ宮殿のご案内6

イオラニ宮殿、かれこれ1月半ご無沙汰しておりますが、私が行っていない間にもひょっとしたら展示品が増えているかもしれません。

その展示品が今年特に増えたお部屋があります。それが音楽室と呼ばれるゴールドルーム(黄金の間)。カラーカウア王、リリウオカラニ女王の時代、このお部屋では自らが作詞作曲した詩を演奏して競い合われました。

そして、ハワイ文化復興に尽力したカラーカウア王を讃えて、ハワイ伝統の置物や当時の文芸に関する品々が納められています。

特に日本に関係あるものは、カピオラニ王妃の肖像画の下にあるついたて。30年もの間、修復されずに倉庫で眠っていたものが、120万円の募金が集まってサンフランシスコで修復されて、確か3年ほど前に宮殿に戻ってきたものなのです。

このついたては時の在日ハワイ領事、ロバート・アーヴィンご夫妻からカラーカウア王に贈られたもので、第1回の官役移民と一緒に日本から来たものなのです。

そのついたての奥、それぞれの窓にはゴールドルームにふさわしいゴールドの厚地のカーテンがかかっていますが、このカーテンも、ふかふかの絨毯も今年お目見えしたものなのです。

その他にもやはり王家の人々から贈られた1対の象牙や、ドイツ製オルゴール、船の置物など、たくさんのものが宮殿のこの部屋に戻ってきました。

ここでは一つ一つの展示品に関してのご説明をする時間がありませんので、皆さん目を凝らして良く観察して下さいね。

Iolani Palace - Gold Room 001
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ