皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、宮殿内のご案内が、またまた1ヶ月以上開いてしまいました!年を越してしまいましたが、ここで締めないと!

最後のお部屋は、王座の間です。

1階の大広間の左手にあります。あ、正面玄関から入ると右手になります。通常は山側の裏玄関から入っていただくのですが、これは海側の正面玄関は南にあたり日差しがキツいので、王様もそうされたのですよ。正面玄関は、先日のイブニングツアーなどの特別イベントで使われます。

さて、その王座の間、見どころは天井に輝くシャンデリア、そして、金色に輝く23金の金箔で覆われた調度品などでしょうか。

IP - Throne Room 003 (small file)

イオラニ宮殿はホワイトハウスより4年も早く全館電気が入っていますが、明治時代、ガス灯だった時代ですから、とても進んでいたことが分かると思います。電化されたのは1887年。この年はいろいろなことが起こった年ですが、シャンデリアに限って言えば、その時から現在まで、第二次大戦が始まった時には一時下ろされた以外、ずっと下がっているのです。

ここには王冠も一つ置いてあります。カピオラニ王妃のためにイギリスで作られた王冠です。もちろん王様の物もありますが、実はこの二つの王冠は地下の王位の象徴の品々が置かれている部屋にあったのですが、エアコンの修理のために、こちらに移されているのです。残念ながら採光の加減で、美しい宝石がよく見えません。このカピオラニ王妃の王冠には521個のダイヤモンドがちりばめられているんですよ!それにオパールがとてもきれいなのです。

そして、王座の間にあるプーロウロウ(タブースティック)、ある動物の物で作られていますが、ここではナイショにしておきましょう。詳しくはガイド付きツアーをご利用になってドーセントの話を聞いてみて下さいね♪

この頃人気のイオラニ宮殿、今週の私のツアーでは24名様という以前の定員(20名)を上回る人数でした。ドーセントの人数やツアーの回数も少ないので、最大定員を増やしたようです。いらっしゃる際にはご予約をされることをおススメします。



人気ブログランキングに参加しています。
応援してくださってありがとうございます♪