これも買いたい、あれも買いたい、「だけどスーツケースがいっぱいで、もう入らないのよ〜!!!」この言葉を何度聞いたでしょう?(笑)

そうですよね、超過料金取られますから。

でも、フラの先生で衣装やら道具やらを買い込んで行く人とか、お世話になった人へのお土産をどうしてもたくさん買う必要がある人とか、新婚旅行のお返しのお土産が必要な人とかは、荷物が増えるのは覚悟ですね。

もちろん、私のようにお引っ越し♪なんて方はそれ以上に深刻です。

で、どうしても運ばなければならない人のいままでの一般的な運送方法は、アメリカの郵便局からのプライオリティメールでした。エクスプレスメールは速達みたいなもんで、超早いけれど、超高いものです。

雑誌を送るなどは、メインランドからであれば船便があったり、SALといってザックに入れて送ってくれる安い便があったのですが、日本−ハワイ間は船便がなくなってしまったので、みんな航空便なんです。

軽いものなら航空便のファーストクラスメールでも良いですが、重たいものなら、このプライオリティメールで送るのが良いと言うのが巷の常識でした。プライオリティメールでは一番大きなボックスであれば、1箱$80で送れます。日数は4〜5日〜1週間ぐらい。

本などの重たいものを送りたい人には最適なんですね。しかし、L箱と言ってもたいして大きくありません。本やらCDやら入れたらあっという間にいっぱいになっちゃうんですね。サイズは忘れちゃいましたが、レターサイズ、日本で言えばA4版の本が2冊横に並んで、高さが20センチぐらいになったら、もういっぱいです。

日本にものを送る場合は関税がかかりますから、この中味を書き出す必要もありますしね。

で、そんな時に仕事で使っていた業者さんに訪ねてみたんです。<続く>