E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

ご見学の際のお願い

写真撮影ができるようになりました。

今月12日より、イオラニ宮殿ご見学の際の館内での写真撮影ができるようになりました。フラッシュや三脚、ビデオカメラは禁じられています。携帯、カメラでのフラッシュを使わない撮影のみ許可されています。また、中の係員、ドーセント、ボランティアの撮影をご遠慮ください。

雑誌、テレビ等、商業目的の取材及び撮影は通常通り、フレンズ・オブ・イオラニパレス事務局にあらかじめ申請が必要です。

写真撮影ができるようになったため、ツアーの時間が長引く事がしばしばあります。撮影は、なるべく最低限に押さえるようご協力いただけると、皆さんが楽しんでご見学いただけると思います。
どうぞご理解、ご協力をよろしくお願い致します。

下の写真は、先日行われましたミュージアム・ナイトで、パレス側から写真撮影を依頼された際の王座の間の写真です。他の写真等は、追ってご紹介していきたいと思います。
10

House Rules - お願い事項

ご見学の際には「ハウスルール」といってご来場の皆様にお願いしている事項があります。宮殿は「オープンミュージアム」(公開スタイルの博物館)となっていますので、壊れてしまうと世界からなくなってしまうものがたくさん、そのまま、誰でも触れる範囲で置かれているものがたくさんあるからです。ですので、中に入られたら、他の美術館や博物館に行かれる時と同じように考えていただけたら、きっとこの「ハウスルール」も苦にならないと思います。

・宮殿の1階と2階は靴カバーを付けて回ります。床を保護するためです。ご協力ください。青い不燃布製のものは、縫い目のある方がつま先になります。

宮殿内で飲食はできません。ペットボトルの飲料水等は、ラーナイ(ベランダ)に置いていただくようになっています。ガムやのど飴などもご遠慮ください。飲み水等必要な場合は係員が誘導します。

宮殿内での撮影・録音・録画は禁じられています。フラッシュで展示物が傷む、という理由だけでなく、宮殿自体、そして展示物の多くがハワイ州政府に属するものであったりするからです。法が絡みますので、どうぞご遠慮ください。

携帯電話はマナーモードにするか電源をお切りください。テキストメールや緊急の連絡など、携帯の使用が必要な場合は、いったん外に出てご利用ください。

・見学の際、ロープ等で展示物が囲まれていなくても、お手を触れないようにお願い致します。コアの階段、椅子、テーブル、ドアなどもオリジナルのものです。人数が多いと、どうしても壁やドアによりかかりがちになりますが、展示物の一部ですので、ご遠慮ください。私たちの体からでる油脂が展示物等に取って一番の敵です。

筆記具は鉛筆のみご利用できます。お持ちでない場合は、係員にお伝えいただければお貸し致します。

大きめのバッグ、リュックサックタイプのものはなるべくご遠慮ください。お持ちの場合は、チケットオフィスのある兵舎にコインロッカーがありますので、そちらをご利用ください。

・ガイド付きツアーをご利用のお客様はグループと一緒にご見学ください。曜日によって、オーディオツアーのお客様と一緒になる場合がありますので、迷子にならないようにグループと行動をともにしてください。

・ご見学の際は、大きな声を出したり、走ったりしないようお願い致します。

どうぞアロハの心で、ハワイ王朝の当時の様子を思い浮かべながら、お楽しみください。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ