E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

フラ! - All about Hula

今年もやります!"Na Lani 'Eha"

去年、沢山のお客様にお越し頂いた私の属するハーラウのファンドレーザー・ステージ、Na Lani 'Eha(天の四人)を今年も開催致します。

今回は、ワイキキから近いマッキンリー高校のオーディトリアムを使います。ブレイズデル・センター(通称NBC、キンカメの会場です)横ですので、わかりやすく、また時間が遅くなっても交通の便が良いです。

以下が詳細になります。
Na Lani 'Eha
日時:11月11日(日)午後3時より
場所:McKinley High School Auditorium
入場料:寄付として$25
詳細:https://www.facebook.com/events/466628903369673/
出演:
・ Kumu Hula Karl "Veto" Baker & Michael "Lanakila" Casupang & Halau I Ka Wekiu
・ Kumu Hula Snowbird Bento & Halau Ka Pa Hula O Ka Lei Lehua
・ Kumu Hula Manu Boyd & Halau Ke 'A'ali'i Ku Makani
・ Kumu Hula Leina'ala Kalama Heine & Na Pualei O Likolehua
・ Special Musical Guest Artists, Na Hoku Hanohano Award winner Hoku Zuttermeister, Mahiehie
そう、ホク・ズッターマイスターも出演です!

このような豪華メンバーで〜す♪ 通常$25では楽しめない盛りだくさんのイベントですよ〜!お見逃しなく!!!

この時期オアフ島にいらっしゃってチケット購入ご希望の方は、こちらのブログまたはステップアップ・フラのFacebookのページから鍵コメをお送りくださ〜〜〜い! お待ち致しております!!! 

原発問題とフラハーラウ

まったく関係のない二つの事柄ですが、この二つを求めて私のブログにいらっしゃる方が非常に多いのです。なので、今日は現状の私の感想をまとめておきます。あくまでも個人の意見です。もちろん、イオラニ宮殿を探していらっしゃる方々もありますが、群を抜いて多いのが上の二つなんです。

今日選択したブログテーマは、ー「日常」を取り戻すために、やってみたことー。このブログを振り返るのも私にとっては「日常」の一つです。

日本の原子力発電に関して興味のある方はこちらをぜひお読みください。日本のメディアでも取り上げ始めていると思いますが、放射線と放射線物質が違うこと、放射線は距離が離れれば少なくなるけれど、放射線物質は風に乗って飛んでいくこと、などの情報は少しずつ広まっているのではないでしょうか。昔のようですが、帰ったら手を洗う、うがいをする、ってとても大切なことだと思います。
この辺りのことは皆さん一人一人が調べてみると分かることがたくさん出てくるのではないでしょうか。避難に関しては、日本のメディアよりも海外の方がまっすぐに伝えてくれている感があります。危険なら危険とはっきり言った方が迷うこともないのにな、というのが私の見解です。

また、以前の記事でご紹介しましたが、北端康良氏の言う、「大丈夫だろう」という楽観主義的な「感情の麻痺」が時とともに起こりつつあるようにも思えます。地震速報が当たり前のようになってしまって、放射線物質も放射線も見えないがために、大丈夫だろう、と思い始めるのは恐い気がします。ハワイやカリフォルニアだって津波の被害を受けています。天災に関しては気を引き締めていたいですね。

ここハワイでも被災者に対しての支援メッセージを集めるという運動があちらこちらで見受けられますが、私は個人的には参加しません。支援するなら募金や支援物質という形で関わりたい。被災者の方々は、今何を必要としているのかをまず第一に考えたいからです。そう考えるとほんとうに自分が出来ることなど限られていて、ならどうしたらいい?と自問すると返ってくる答えが「日常」に戻ることなんですね。私達がハラハラしたり、悲しんだりしていたって先には進まないので、やるべきことをやる、それだけしかないと思うのです。

私にもたくさんの「仕事」があります。そのうちの一つがフラ。去年、このブログを初めて間もない頃にこんなことを書きました。

 

すべての知識を一つのスクールでは学べない。(英語の元の文は)"Not all knowledge is contained in only one school."

 

有名な格言です。そして基礎となる事実でもあります。フラには様々な系統があり、その枝葉を継いでいく先生たちは、彼らのそれぞれの創造性をプラスして生徒に教えていきます。だからいろいろなスタイルのフラがあるのです。そしてフラには「これが正しい」というものがないのです。言い換えれば、正しいと言われるフラはたくさんあるのです。もちろん、違っている方法というのもたくさんあるわけです。

 

今、まさしくこれを味わっています。フラのスタイルだけでなく、ハーラウの運営の仕方、プロジェクト、その量、ほんとうに違います。ショーに重点を置いたハーラウもあれば、コンペ出場の多いハーラウ、飲み会などのパーティーが多いところもあれば、練習日の多いハーラウ、ファンドレーザーの多いハーラウ、とそれぞれです。

習うスピード、月謝、かかる費用、文化を習うプロジェクト。たかがフラと言えど、されどフラ。もうやることはたくさんあり、見事にその種類がハーラウによって違うのです。

私は3つのハーラウを体験していますが、現在のところには、またそれぞれ違ったところを経てやってきている仲間があり、その彼女達の経験もまた違うのです。こうしてハワイの文化もフラも色濃くリッチになっていくのだなと実感できます。だからフラは深みがあるのだとも思います。そういう文化だから、他を認めることが出来て許容的になれる。謙遜でいることができる。

もちろん、ハーラウの中で踊る時は「ここではそのステップはフラではない!」と厳しく言われますが。

今までパウスカートと言ったら、ハーラウの誰かが縫ってくれたものをお金を出して買うのが当たり前でした。今回はそうは行かなくなりそう。昨日は半日シルクスクリーンの作業で体中ペイントだらけになっていました。後から後からプロジェクトでボロボロになっているんですが、私より半年早く入ったシスターは「こんなの序の口」だそう。

コンペに向けて練習中のシスターとは別に後ろで見ているだけで良いからと甘い考えで加わったものの、クムの考えは「入ったその日から一員」であることがよくわかりました。来週末にはファンドレーザーのイベント、そして翌週にはカウアイ島へのフィールドトリップ(Huaka'i)が待っています。締め切りを忘れずにメルマガ発行準備しないと!!!
 

プルメリアを探して

実は、この私も夕べは3時の警報の時までお風呂も入らず起きていたのでした。というのも、うちはワイキキからそれほど遠くないので、あの日本の津波を考えたら、避難ゾーンを超えて水が押し寄せてくるかもしれないと思ったのです。だから、夕べは肌寒かったので、シャワーを浴びて外に出て風邪をひいては困ると思い、Tシャツの上にジャケットを来て、長めのパンツをはいてカウチで仮眠をしていたのです。

なので、今日は1日中睡眠不足。こんな時は家で仕事をしていることがありがたいです。だからと言って、今日はのんびりしていられない日でした。明日は、新しいハーラウのクムのご親族のお葬式があって、そのために私達新人組は黄色のプルメリアのレイを二つずつ作って、マーノアにあるアラカイのオフィスに持っていかなければならないのです。

ところが、この時期プルメリアは咲きはじめで、通常の長さのレイを作ろうとすると50個前後。二つで100個も花を取ってしまったら、プルメリアの木が丸坊主になってしまいます! 

と言うことで、フラシスターと「買う」ことにしたのです。と言っても、例のフラシスはワヒアワ(オアフのおへそ)に住んでいるので、私の方が何かと交通の便がいいのです。わざわざ出て来させるのは可哀想なので、私が買いに行くことにしました。

以前もパフォーマンスでプルメリアのレイを探したことがあるのですが、狙いはチャイナタウンか空港です。チャイナタウンではバラで売ってもくれます。空港は地震の関係でそれほど人がいないかもしれないし、確率としてはチャイナタウンの方が高いので、そちらに行くことにしました。

私が行く店は、ガイドブックに載っているシンディーズではありません。ベレタニアとマウナケアの角のこの店!

IMG_2376

試しに車を停めた前のお店で聞いたら、「プルメリアは今時期じゃないからないよ」と断られたのですが、この店にはあるのです!!!

この通り。
IMG_2377

フラシスと2人分!立派なプルメリアのレイがゲットできました。これで$20!一つ$5という安さです。

お店でレイを作っているオバサンの写真は撮らせてもらえなかったので、お店のまわりだけ。

IMG_2378IMG_2379

電話番号も入っています♪

レイを作ってもらっている間の20分程、この近辺を散策してみました。写真がフェイスブックに載せてありますので、ご覧になってみてください。

ククイはしばらく見たくない・・・

ククイと言っても、このブログではありません。(笑)

ククイの実です!!!

昨日と今日はこのククイの実と格闘していたため、家の中はククイの実の油の匂い、手もククイの油の匂い、今日は午後から8時まで、まさしく8時間労働のあまりの長い格闘だったため、ただ今午前12時だというのに、さっきまでカウチでくたばっていたのであります・・・。

夕食はオレンジ2個。今頃お腹がすいてきました・・・。

顔に手を当てると、ごま油のような、腐った油のような、なんだかゲポッと来るような匂いです。あーあ。

格闘はまだ終わっていません。まだまだ続きます。写真もビデオも撮りながらの格闘です!(笑) 

ある程度めどがついたところで、この謎解きをいたします。それまでご辛抱を・・・。

めまぐるしい1日観光ガイド(2)

さてと、後戻りすることが苦手な私は勝手に道を先にと進めます。
ですから、T&Lまで来たら、当然行く先はアラモアナ。ここで「トゥアヒネさんは、いつでもお寿司を食べられるわけではないから『元気寿司』!」というお母さんの案も出たのですが、まあ、夜もあることだしということで、お隣の「パンヤ」です。

IMG_2196

前菜的なものを3つ選んでシェアしました。ここは確か日本のパン屋さんで修行した父親に習って日本的なパン屋を始めた台湾の女性のお店じゃなかったかしら?忘れましたが、日本的な中にやはり中華系が残るお店です。

パンも日本っぽくて良く買っていたのですが、レジの店員の愛想の悪さが気に入らなくてここのところは通っていませんでした。「ありがとう」もなければ「ハロー」もないんですもんね。基本的にワイキキとかアラモアナとか、観光客にはヘラヘラして、ローカルに冷たい店員と言うのは、ローカルとして、サービス業としても大変いただけないと個人的に思っています。(笑)

ですが、私のような人が文句を言ったのか、この日のサーバーはとても良く教育されていて、食べ物もなかなかでございました。それともパンコーナーのレジは相変わらずかしら???

やっと腹ごしらえをした後は最後にCCに寄って、お二人をホテルで落とし、私の「お色直し」のために家に戻って、またワイキキでございます。

田舎に2週間近く閉じ込められていたKさんはワイキキでフラを観る機会もなかったので、今宵はたっぷりカノエ・ミラーさんを観ようと言う計画です。

IMG_2198

場所はご存知、ハレクラニ。前の方の席に行きたかったのですが、押しの強い私でなくて、(ハワイでは)大人しいKさんが先に行っていたので、ナメられてしまったのかもしれません。(笑)

IMG_2201

IMG_2203

食べたばかりだというのに、約3時間後にまたディナーです♪

IMG_2209

カノエさんが踊る時はずずず~っと前に進み出て、観光客を装って堪能させていただきました。うん、いつ見ても魅了される踊りです♪
 
おめでたい日だってことで、お酒の方もガンガン入って・・・

IMG_2212

フラも楽しんで

IMG_2215

だけど、お開きが異様に早いんです。ノリまくっている私達が9時ぐらいでは収まらないので、いざ「ティキズ」!と意気込んで行ったのですが、ハワイアンではなくて、素人芸人道場みたいなノリのステージに代わっていました。ウェルドンが歌ってた時は良かったのになあ・・・。

それにしてもワイキキではやはりハワイの文化とか芸能とかにあまり興味のないメインランドや他の国の観光客が多いので、歌われる曲は、ほとんどハパハオレなんですね。あらためてガッカリ。まあ、これがハワイの実情なんでしょうね。

あまりに寂しい二次会になってしまったので、気を取り直してドンキで土産物アサリです!(笑)家に帰ったのは午前様。私は今日何してたんだっけ?ってマジで1日の出来事を忘れてしまう程、脳みそが疲れておりました。私には観光ガイドは向かないわ~、一緒に遊んじゃうから。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ