E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

カイマナヒラ

青々とした山々

ハワイに降り続いている雨のおかげで、コオラウ山脈の緑がとても綺麗です。あいにく良い写真のスポットがなかったので、カパフル通りのセーフウェイに行った時にカイマナヒラの写真を撮ってきました。普段はどちらかと言うと乾燥した大地を思い起こさせる山の色なんですが、そのカイマナヒラでさえ、グリーンです。

IMG_1851

ちょっと遠いので、クリックして見てくださいね。

こういう青々としている状態を、ハワイ語でuluwehi(ウルヴェヒ)といいます。マノアを形容する時にはよく出てくる言葉で、私はこの言葉が大好きです。緑が豊かで、綺麗に飾られている、そんな感じでしょうか。 

そういえば、カリフォルニアも史上最悪の大雨だったそうで、いつも思うんですが、日本、ハワイ、カリフォルニア、太平洋を囲んでつながっているんですよね、似たようなお天気の時が結構あります。

そのカリフォルニアでさえ、雨期の1月、2月とかは砂漠地帯の山々が青々としてきます。天のもたらす恵み。自然ってすごいですね。 



*いつも、ご声援ありがとうございます♪
これからも応援よろしくお願いいたします!!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村
フラダンスがフラと呼ばれる日を目指して!
ご共感いただけたらポチッとお願いします♪  

ウェルドンにホク、マカヒキ・マオリ・フェスティバル2010(2)

昨日の続きです。今日は本当に写真を中心に!(笑)
まずは食べ物編:
IMG_1693
あのポイモチの隣にはこんなふうにフルーツが並んでいます。全部買いたいところだけど、フルーツで散財は出来ない!

で、狙い目はこちら。
IMG_1694
ロコが好むモロカイ・ブレッド。何がいいって、日本のパンを食べている人にはちっとも高級品でもないし、どちらかというと昔のコッペパン(超古いかしら?)みたいな、なんか素朴な味のパンなんですが、なぜか人気があります。ちょっと甘みのあるおやつパンみたいな感じですね。

この中にストロベリークリームとバターとか、ブルーベリーとクリームチーズ(だったと思います)とかが入っているのを期待していたんですが、今回は何もないプレーン味でした。1個7ドル、2個で10ドル。私たち何も知らないで別々に買ったので、それぞれに7ドル払いました。ま、いっか。

ところがこのブレッド、日曜日に買ってそのままテーブルにおいておいたら、火曜の今日にはカビが見えてきて!すぐに冷蔵庫へ。秋でもハワイは油断が出来ません。

そして、やっとランチをゲット。二つ似たようなお店があったんですが、鋭く観察していた私の友達は、もう一つの店の方が安いことを覚えていて、そちらでステーキランチをゲット。これも$7。私はガーリックシュリンプとのコンビを考えていたのですが、素直に友達に従って正解でした。肉だらけで食べきれない!
IMG_1695
 
そして食べている間にミュージシャンさんたちは演奏を続けてくれます。次の番はウェルドン、お食事の最中なので、聞くよりも黙々と食べてました。ですから、フラは当然他の方にお譲りして。(笑)

と言うより、こんなにたくさんハワイアンがいたら、やっぱり土着の人に踊っていただかないと!ご飯食べているから呼ばれる心配ないし!(笑)
IMG_1699
お食事時だと、ブロガーの私もここまでオウチャクな写真になってしまいます。遠くて暗くて誰だか分からない!一緒にいたもう一人のお友達は、しっかりカメラでいい写真を撮ってました。みんな偉いなあ。

トリはホク・ズッターマイスターとウクレレのブライアンがそのまま残りました。ナイスなサウンドの組み合わせでした。
IMG_1701
 
いや、トリではありませんでした。その後にロイヤルハワイアンバンドの演奏があり、その後にもミュージシャンがいました!

ですが、このあとの予定があったので、ホクまでで私たちはおしまい。カピオラニ公園からはこんなにカイマナヒラが綺麗に見えるんですね〜。
IMG_1707

会場はまだまだにぎわいを見せていて、
IMG_1709

そして、マカヒキのゲームとやらを覗いてみました。
IMG_1711

ヤリのようなものを投げたり、

IMG_1714

ボーリングのような遊びがあったり、

IMG_1715
 
この輪はレスリングでもしたんだろうか?綱引きなんかでも盛り上がっていましたが、綱引きもマカヒキのゲームだったんだろうか???

さて、2月までのマカヒキシーズン、心穏やかに暮らせるよう努力しましょう!ホリデーシーズンと重なるところが、何ともユニバーサルな力を感じますね。 



にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村
フラダンスがフラと呼ばれる日を目指して!

ポチッと押してね♪

 

☆ ハワイオリジナルのデザインも承ってます!(英語) ☆

 ───┬───────────
    └─→ http://www.cafepress.com/KealohaHonua

          

カイマナヒラ〜♪(ダイヤモンドヘッド)

ずーっと風が運んでくる火山灰やいずれかの野草、そして近所のネコでアレルギー気味だった私ですが、先週ノースのワイメアビーチで海に浸かりすぎてとうとう風邪を引きました。あーあ。今日から始まるカルアピッグ、写真を撮りながら遊びに行く予定でしたが、ケホケホしながら料理の場所にいられないので、今回は最終の日曜日だけ、それまでに風邪を治さなければなりません!それもこれもメリものため。フラとはこんなにも「専念すること」を要求してくるものだとは思いませんでした。ということで、サンクスギビングのときにもまたカルアピッグを作るので、そのときに準備段階の写真を撮ろうと思います。

さて、ご近所さんがメインランドに帰るというので、オアフをよく知っていない彼女のために先週末はあっちこっちと連れて回ったのですが、まず最初はダイヤモンドヘッド登頂です。オアフのあちこちが曇っていてもダイヤモンドヘッドの周りはいつも晴れているので、登るにはあまり暑くならない朝が良いのです。

が、この彼女、私よりも輪をかけて夜型なので、「8時に出る?」なんて自分で言っておきながら当然出発は10時半です。(笑)いつもTシャツ型の日焼けは避けたい私はチューブトップを着て出かけるのですが、いつも日焼け止めを塗るのを忘れてとんでもない日焼けをします。この週末もこの時を境に程よい日焼けが黒こげになりました。

さて、ここで豆知識。カイマナヒラとはアルファベットで書くと、Kaimana-Hila、ダイヤモンド・ヒルという意味です。もともとハワイには文字がありませんでしたので、カイマナヒラという響きはハワイ語ですが、アルファベットにすると私たちにとっては英語読みのようになるわけですね。わかってもらえるでしょうか、この屁理屈。(笑)

古くは、Lae-'ahi(Le'ahi、eの上にカハコが載ります)。火の女神ペレの妹のヒイアカが、頂上がアヒ(マグロ)のラエ(レー、おでこ)に似ていると命名したのが由来と言われています。もう一方の説は、海岸沿いを航行するカヌーを導くために頂上に火を灯したことに寄るというものです。下から吹き上げる風で山頂の火が消えないように、山頂に風の神を奉ったヘイアウ(寺院の意味)を建てたとのことです。今日では1917年に建設された灯台が船舶を導いています。1917年というと、リリウオカラニ女王が79歳でその生涯を終えた年です。
 
1700年代後半には「レーアヒ」を訪れる西洋からの探検家が、クレーター斜面の岩に含まれる方解石のクリスタルをダイヤモンドと間違えたことから「ダイヤモンドヘッド」の名称が一般的になりました。

1900年代には見晴らしの良さから米軍の沿岸要塞として使われた歴史もあります。

まあ、前置きはこのくらいにして、頂上からの見晴らしをお届けしましょう。ワイキキからワイアナエ、後方はパンチボウル、マノア、セントルイスハイツやマウナラニの住宅街、カハラ、ハワイカイなどが望めます。

IMG_1020IMG_1022
IMG_1023IMG_1025
IMG_1028IMG_1029

ダイヤモンドヘッド登頂はハイキングというよりはアスレチックフィールド。最後の階段とトンネルがそんな感じです。

IMG_1032IMG_1038

そして、行くたびに笑えるのが、このアリの行列。

IMG_1045

まあ登っている私もこの中の1匹になるわけですが。

そして降りてくると待っているのがこのトラック。

IMG_1052

かき氷の看板も。ダイヤモンドヘッド公園内は販売行為ができないことになっているんですが、このトラックは何なんだろう?といつも思います。それと紛らわしいのが頂上付近で寄付と交換に発行してくれる「登頂証明書」$2です。ご近所さんは記念に持ち帰ってましたが、私はただでさえ紙に埋もれて暮らしているので、証明書はいただかずにその代わり$1のご寄付を致しました。寄付ならもっとしろって?(笑) $1でも「ありがとう」と言ってくれるのがまたうれしいとこです。

そしてサラダを食べたかったお隣さんのためにワイキキのショアバードに行ってランチをしました。

IMG_1054

ショアバードのあるアウトリガーに入って行くとウクレレ抱えたこの人が目を丸くして出迎えてくれました。そうです、ワイプナのマット。ミュージシャンの多くはフルタイムの仕事も持っていて、きちんとその仕事もこなしているんですよね。何でも午前中のウクレレレッスンを終えたところとか。その後はホテル内のデスクで働いてました。

IMG_1055

ハワイアン音楽に縁のないメインランドからの観光客達がマットにハワイ語で名前を書いてもらっていましたが、「この人、何を隠そう今をときめくミュージシャンなのよ」と心では言いたかったのですが、その時はおおざっぱな英語になっていました。ま、気持ちは伝わったんじゃないかな?(笑)  
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ