E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

トゥアヒネ

Aloha mai kakou! ハワイ語中・上級クラス初日♪

意気込んで行って参りました♪ なんたって上級クラスですから!
というのも、初級クラスは月曜と水曜。月曜はターボキックのクラスだし、水曜も時々ターボとパイヨがあります。とにかく運動ナイトなのです。それに、ハワイ語は前のハーラウでちょこっと教えてくれていたので、それがかなり役に立っているんですね。

ということで、いっそのこと火曜と木曜の中・上級クラス!以前は火木と言ったらハーラウの日でした。なので、その分ハワイ学をやっているわけです。ってなんだか言い訳ですが。

事務室のおばちゃんも「今年初の試みだし、ちょっとはハワイ語かじったことあるんでしょ?大丈夫よ♪」と言うから「だいじょうぶなのよ」って感じで申し込んだのです。(笑) 

今晩クムに「私上級者じゃないんですけど」って断ったら、ノープロブラム!でした。結局初級者2な訳です!(笑)

それでも、多少かじっておいて良かったです。私ともう一人のカリフォルニア出身のオジさん以外は(キミもかい!)みんなハワイアンの血が入ったローカル人たち。基本の文章やら知識やらはサラッと出てくるのです。こんなときパレスのドーセントであることにも感謝します。いろんな知識を与えてもらっているので、きちんとついていけるからです。

クラスはハワイ語だけでなく、物語や名称、背景、歴史と幅広くカバーしてくれます。取って良かった〜!

クラスは2時間半、終了のベルが鳴ったその時まで続きました。夜の9時、みんな慌てて校舎から出なきゃ行けない時間なので、クムに最後にクイック質問!

最近日本ブログ村の人気記事で注目されていた愛知県のメグさんの記事が気になっていたのです。

それはハワイ語には「自然」という言葉がないこと。以前にも聞いたことがあって、でもはっきりとその理由が思い出せなかったので確認してみました。

クムの答えは、
There's whole bunch of different system!
そう、システムが異なるのです。風であり雨であり、雲であり、空であり、山であり谷であり海であり、地域であり、大きな地方であり、役目が違うのでひとまとめにひっくるめないんですね。風や雨には名称も付けます。私のペンネーム、トゥアヒネはマーノアに降る雨、これがパーロロバレーに行けば、リリレフア、カリヒにはもっとたくさんの名前の雨があるそうです。

こういうハワイアンの考え方、非常に面白いし混乱するのは兄弟姉妹、同性、異性、年長、年下と言い方が違うのです。

雨や風に名前をつけるロマンがあったり、年や性別で呼び名が違ったり、難しいのだけれど、この辺りがハワイ語の魅力だと思います。 

<Kさんのその後>
今晩は、あのマウナルアのカヒのお宅でハーラウと一緒にまたもやフラのレッスンだそうです。レッスンも順調に進み、今日までで3曲は終了している模様!明日、ワイマナロまで行ってその様子を探って来ようと思います!お楽しみに♪ 

追伸:
そうそう、ハワイ情報にしたのは9時過ぎの夕食は作るのも面倒なので、学校近くのジーナズでミニベントー。もう、ミニでもしっかりご飯ですよ。春巻きとチキンの下にはど〜んとキムチがつまっています!

IMG_2139
 

トゥアヒネって

さて、私のペンネームの「トゥアヒネ」ですが、これはマノアに降る雨の名称です。そして、カハラオプナの伝説にも登場する双子の女性の方の名称でもあります。そんな伝説の名称をペンネームにするというのは、ちょっと抵抗もあったのですが、私はこのオアフでマノアが大好きなんです。それに私にとってはちょっと思い入れのある場所なのです。ですので、「トゥアヒネ」。

ハワイに来てから、というよりフラを始めてからずっとハワイアンの名前が欲しいなあ、いつかもらえたらなあ、と思っていたのですが、ハワイ語の先生に聞いても出て来ないし、夢で見たハワイ語(なぜかハワイ語を喋ってたんです)について人に聞いても「クプナに聞いてみないと」って感じだし、まあ、フラに専念だけしているか、って感じで気にしていなかったんです。

ところが、ひょんなことからハワイアンの名前をもらうことになりました。それもとっても簡単に。「えっ、そんな簡単でいいの?」って思って、最初は冗談にしかとっていなかったんですが、付けてくれたのがマウナルアのボビーで、フラシスのクムフラにしても、マヒエヒエのアンクル・サムにしても、「ぴったりだよ」って言ってくれるので、今ではありがたく使わせていただいているんです。ですので、「トゥアヒネ」以外に名前はあるんですよ。(笑) 

さて、その「トゥアヒネ」の降るマノアですが、今日思い腰を上げて買い物に行ったついでに写真を撮ってきました。ユニバーシティ・アベニューに面したニジヤマーケットの屋上です。話は飛びますが、私はカリフォルニアにいる頃、このニジヤの超お得意さんだったのです。で、ハワイに引っ越しをする前にニジヤさんが視察をかねてホノルルに来ている情報を得て、「私も引っ越しをするので、ニジヤさんもぜひ!ハワイに来てください」とマネージャーに直談判したのです。(笑)ですので、巷ではニジヤさんは私が呼んだ、ということになっています。私が言っているだけかもしれませんが。こんな調子でTrader Joe'sにもBed Bath & Beyondにもメールを送る私ですが、そんなあたりが心はハワイアンと云いつつ、物質文化から離れられないメインランダーなんだなあ、って思ってしまいます。

かなり回り道をしました。マノアの写真でしたね。
IMG_0479

こんな感じで、ダイヤモンドヘッドの上には雲一つないことが多いのに、マノアはよく曇り空です。ちょっと嵐の様な雲がかかっていると、ここからカハラオプナの象徴、ものすごく太い虹が現れます。残念ながら写真には残せていないのですが、今度シャッターチャンスがあったら頑張って撮ってみましょう、トゥアヒネと一緒に。
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ