E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

ハワイ語

Mana I Ka Leo - 私は単なる声にすぎない

いつもなら火曜の夜はハワイ語のクラスなのですが、今晩はカメハメハスクールで無料の映画試写会がありました!いつも参加するハワイ文化のプログラムなので行くつもりでいたのですが、ハワイ語のクラスに重なることを知ってあきらめていたのです。授業が大切ですからね。

ところが、新しいハーラウの方からも全員にこの映画の情報が廻って、クム曰く「オリにはたくさん触れた方が良い。」

ということで、ハワイ語のクムに訳を話して、今晩は堂々とクラスを欠席、試写会に行ったというわけです。今晩はいつもより少し速く出て日の入りに間に合わせようと言う魂胆!間に合ったのですが、真っ赤な太陽の色は上手く出せませんでした。ビデオはフェイスブックのファンページにアップしてあります。

IMG_2288

バッチリ日が沈むところ。

IMG_2290

今日も空が綺麗です。

IMG_2293

そして日が沈んだ直後がもっと色が濃くなります。二つの雲は、まるで2頭のドルフィンが泳いですれ違っているみたいでしょう?

さて、今晩の映画は、"Mana I Ka Leo" - The power of the voice. ハワイアンのオリを通しての自然との関わりが描かれています。フラとハワイを愛する人におすすめのドキュメンタリーです。その中でのワンフレーズ、私の頭に残ったのが、冒頭の一文。
「大自然に対して、私は単なる声でしかない。」カヌーを漕いではるばる大海原を渡ってきたハワイアンの自然との関わりが垣間みられます。

そして、映画の後のパネルディスカッションではプロデューサーの二人に挟まれて、出演者のカウマカイヴァ・カナカオレがハワイ島から、クムフラ、チャールズ・カウプがマウイ島から、そしてドクター、カマナオポノ・クラビーがオアフ島ワイアナエから参加、豪華な顔ぶれで、とても熱いディスカッションとなりました。

IMG_2294

私は最初はもう少し後ろの真ん中に座っていたのですが、ハーラウの先輩達を発見。こんな前に移ってきたのです。左側にいる白髪と言うか金髪のクプナはクムフラ、ホクラニ・ホルトさんのお母様、そしていつものようにハワイ大学の教授でもあるノエノエラニ・ズッターマイスターさんも前の列にいらっしゃいました。

ハワイの文化人達が集まると、必ず力説されるのが「言葉を知ること」。言葉を知らなければ、オリをしても単なる音です。言葉を知ってこそオリに力が込められます。

そして、そう言う時にいつも私が思うのは、自分の国の文化をも大切にすること。日本人であるというアイデンティティーに誇りを持って、先祖や親から引き継いだ美しい日本語をなくさないこと。

日本もともすればハワイの二の舞になってしまいます。2千年以上の文化を持って、美しい自然と美しい言語を持ちながら、インターネットによって言葉も心までもが壊されつつあります。私達日本人もかつてはよく歌い、よく笑い、楽しい人々だったという話をどこかで聞いたことがあります。フラを踊る時にはハワイの文化と人々を大切にしながらも、日本という国をも大切にする気持ちを忘れないでいて欲しいと思います。 


BSブログランキング 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村
フラダンスがフラと呼ばれる日を目指して!
ご共感いただけたらポチッとお願いします♪   

こだわりの「自然」

ずっと長くお付き合いいただいている方は、もうそろそろ私の性格というものがお分かりになってきたと思いますが、フラ、ハワイのことに関してはかなりの追究派です。(笑) どうでも良いと思うものは後腐れなくバッサリと捨てるのですが、ことハワイになると分からないものが分からないままになることはほとんど稀です。

そこで、「自然」(笑)
この言葉自体がハワイにないのは当たり前だとも思うのです。自然と言う言葉の反対は人口とか人造とか、「そのままの姿」でないことになると思います。例えば都会。作られたものですよね。そういう意味ではホノルル・ワイキキや近辺の街以外に都会のようなコンクリートジャングルがそびえ立っていることはありません。自然だらけです。

そう考えたら、いったい「自然」とは何?そして、いつ頃から言われ始めた言葉なんだろう???と思ったのです。

そういう疑問を持つ人は学者さんとかにもいるらしく、それがビックリなことにヤフーで答えが出てきました♪ いや、ヤフーじゃなかった、楽天!(笑) 読んでくださいね、なかなかベストな回答が並んでいます。

 
そういうことなら、英語のネイチャー(nature)の語源はどうかということが気になり・・・出てきたのがこちら。「物事の本質」「物質世界の中の創造力」「宇宙」・・・哲学的になってきました!


ということは、ハワイでもクムリポにつながっているのではないでしょうか。そういう意味では「自然」や「ネイチャー」を表すものはどこかにありそう・・・

大変なことになってきました。来週のハワイ語のクラスでクムとディスカッションしてみます、クムがノッてきたらの話ですが・・・。(笑)

 
そして、またまた閃いたのですが、ノリさんの質問にあるようにレイ。私達は造花のレイを使うということはクリスマスでもない限りほとんどありません。そして、いただいたレイは必ず「地球」「自然」「生まれたところ」に返します。

「自然」や「ネイチャー」と言う言葉に見合う単語はなくても、コンセプトや考え方というのは存在すると思います。「マナ」であり「アーイナ」であり、「ホヌア」である。そう私は思います。 

Aloha mai kakou! ハワイ語中・上級クラス初日♪

意気込んで行って参りました♪ なんたって上級クラスですから!
というのも、初級クラスは月曜と水曜。月曜はターボキックのクラスだし、水曜も時々ターボとパイヨがあります。とにかく運動ナイトなのです。それに、ハワイ語は前のハーラウでちょこっと教えてくれていたので、それがかなり役に立っているんですね。

ということで、いっそのこと火曜と木曜の中・上級クラス!以前は火木と言ったらハーラウの日でした。なので、その分ハワイ学をやっているわけです。ってなんだか言い訳ですが。

事務室のおばちゃんも「今年初の試みだし、ちょっとはハワイ語かじったことあるんでしょ?大丈夫よ♪」と言うから「だいじょうぶなのよ」って感じで申し込んだのです。(笑) 

今晩クムに「私上級者じゃないんですけど」って断ったら、ノープロブラム!でした。結局初級者2な訳です!(笑)

それでも、多少かじっておいて良かったです。私ともう一人のカリフォルニア出身のオジさん以外は(キミもかい!)みんなハワイアンの血が入ったローカル人たち。基本の文章やら知識やらはサラッと出てくるのです。こんなときパレスのドーセントであることにも感謝します。いろんな知識を与えてもらっているので、きちんとついていけるからです。

クラスはハワイ語だけでなく、物語や名称、背景、歴史と幅広くカバーしてくれます。取って良かった〜!

クラスは2時間半、終了のベルが鳴ったその時まで続きました。夜の9時、みんな慌てて校舎から出なきゃ行けない時間なので、クムに最後にクイック質問!

最近日本ブログ村の人気記事で注目されていた愛知県のメグさんの記事が気になっていたのです。

それはハワイ語には「自然」という言葉がないこと。以前にも聞いたことがあって、でもはっきりとその理由が思い出せなかったので確認してみました。

クムの答えは、
There's whole bunch of different system!
そう、システムが異なるのです。風であり雨であり、雲であり、空であり、山であり谷であり海であり、地域であり、大きな地方であり、役目が違うのでひとまとめにひっくるめないんですね。風や雨には名称も付けます。私のペンネーム、トゥアヒネはマーノアに降る雨、これがパーロロバレーに行けば、リリレフア、カリヒにはもっとたくさんの名前の雨があるそうです。

こういうハワイアンの考え方、非常に面白いし混乱するのは兄弟姉妹、同性、異性、年長、年下と言い方が違うのです。

雨や風に名前をつけるロマンがあったり、年や性別で呼び名が違ったり、難しいのだけれど、この辺りがハワイ語の魅力だと思います。 

<Kさんのその後>
今晩は、あのマウナルアのカヒのお宅でハーラウと一緒にまたもやフラのレッスンだそうです。レッスンも順調に進み、今日までで3曲は終了している模様!明日、ワイマナロまで行ってその様子を探って来ようと思います!お楽しみに♪ 

追伸:
そうそう、ハワイ情報にしたのは9時過ぎの夕食は作るのも面倒なので、学校近くのジーナズでミニベントー。もう、ミニでもしっかりご飯ですよ。春巻きとチキンの下にはど〜んとキムチがつまっています!

IMG_2139
 

ジョン・K・アルメイダに胸キュン

今週末はのんびりしていたので、昨日はメルマガを2週間先まで一気に書き上げてしまいました。最初は毎月月曜発行、月4〜5回だったのが、メレの発行を始めて、それも3回に増やしたので、7〜8回は発行するはめになり、頭の中が年中ハワイアンです。そんなわけで、数日前には、またハワイ語の名前を夢でみていました。これで3回目。なぜか、ミュージシャンのホオに英語でスペルを聞いて書き留めていたんですよね。(笑)ホオに聞いてみよっと。

そういえば、この前のカニカピラで特集されたアンティ・アームガードも、ハワイ語は話さなかったのに、ハワイ語の詩が夢に出て来たというからすごいです。私の場合はまだ単語が2つか3つですけど。

こんなふうにハワイアンってのは不思議な魅力があって、ますます虜になっちゃうのかもしれません。

昨日書き終えたのは、私のだ〜い好きな1曲、"Kiss Me Love"。ワイプナがCDに納めて、それを聞いた時に、私のところによく検索で飛んでくる"E Pili Kaua"よりも実はほれてしまった曲です。カレ、ごめん!で、まだ以前のハーラウにいた時にこれを習う機会があって、もう毎日のように踊っていました。今でも歌いながら踊れてしまうくらいお気に入りなのです。

で、いつものごとく、この曲について調べていたら、いろんな発見が出来たのです。

今日、2009年、ハワイのメレについてカイナニ・カハウナエレさんがしてくれたワークの録音を聞いていたのですが、ハワイの歌と言うのは、カオナ(隠された意味)や誰のために作ったかがはっきりと示されていないものもあって、それはそれで良いこともあると言ってました。どこの誰と誰がどうのこうの、と言わないところが良いのでしょうね。

でも、このカオナというのは本当に素晴らしいと思います。サラッと聞いただけでは花の詩ですが、実はそこに隠された意味がある。そして、なぜ、その花なのか。そういえば、10日配信予定の"My Sweet Pikake Lei"もそうでした。

そして、そのカオナもやっぱりその時の背景が分からないと意味をなさないようになっている。でも、分かってしまうと、これがまたたまらんのです!ジョン・アルメイダと言う人は、本当のロマンチストだったんだなあって思います。絶えず女性が周りにいたと言われていますが、きっと女性の♡を詩でとらえてしまうのでしょうね。

それでその時々の女性を詩にしていたというのですから!ある意味、昔の方で良かったです。今生きていたら、追っかけてたかもしれませんもん!

青々とした山々

ハワイに降り続いている雨のおかげで、コオラウ山脈の緑がとても綺麗です。あいにく良い写真のスポットがなかったので、カパフル通りのセーフウェイに行った時にカイマナヒラの写真を撮ってきました。普段はどちらかと言うと乾燥した大地を思い起こさせる山の色なんですが、そのカイマナヒラでさえ、グリーンです。

IMG_1851

ちょっと遠いので、クリックして見てくださいね。

こういう青々としている状態を、ハワイ語でuluwehi(ウルヴェヒ)といいます。マノアを形容する時にはよく出てくる言葉で、私はこの言葉が大好きです。緑が豊かで、綺麗に飾られている、そんな感じでしょうか。 

そういえば、カリフォルニアも史上最悪の大雨だったそうで、いつも思うんですが、日本、ハワイ、カリフォルニア、太平洋を囲んでつながっているんですよね、似たようなお天気の時が結構あります。

そのカリフォルニアでさえ、雨期の1月、2月とかは砂漠地帯の山々が青々としてきます。天のもたらす恵み。自然ってすごいですね。 



*いつも、ご声援ありがとうございます♪
これからも応援よろしくお願いいたします!!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ
にほんブログ村
フラダンスがフラと呼ばれる日を目指して!
ご共感いただけたらポチッとお願いします♪  

livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ