E Ola Kukui - from O'ahu イオラニ宮殿とハワイの情報!

ハワイの文化や歴史、イオラニ宮殿についての情報をお伝えします。

"E Ola Kukui"(エ・オラ・ククイ)とは「ククイ(明かり、転じて導くという意味)のように生きよう」という願いを込めてつけました。純粋な情報を現地からお届けできるように努めますので応援してくださいね。時にはハワイとアメリカ情報も入ります♪

レイ

プルメリア、水と空気

ちなみにプルメリアはハワイ原産のものではありませんので、知らなかった方は今一度ご確認くださいね!メキシコ、中央アメリカ、南アメリカが原産だと言うことですが、今では世界中に広がっていますね。ハワイのフラショーでは必ずと言っていい程見るレイなのでハワイ=プルメリアみたいに思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ところで、私のフラブログを読んでいただいている方やフェイスブックのファンの方はもうご存知ですが、私が今年から加わったハーラウではコンペのリハーサルのために毎週のようにプルメリアでレイを作っていくのです。それもおへそより下の位置までの長〜いレイ。よって、毎週末プルメリアを探してみんな街をクルーズするのです。

住人がお年寄りや女性の場合は自分でとりますが、時に男性がいると彼らが懸命にとってくれたりします。

先週の土曜日、必死になって探した最後の家には男性が住んでいました。大きな犬が2匹。犬好きな私は大丈夫なのですが、飼い主の彼は、それでも私を家には入れずに彼がはしごを持って来て100以上の花と「つぼみ」をもぎ取ってくれたのです! 1個1個では面倒くさかったんでしょうね。

レイを作り終わってつぼみを集めたら、数えはしなかったものの、50以上あります!

そこで、お花の保存とは別に最初はカップに入れて、そのうち膨らんで来たので桜餅の入っていた容器に入れて霧吹きでお水をあげること4日間!毎日ふっくらふっくらしてきます!

IMG_3574
 
左のぷっくりしているつぼみは、実は右の方にある緑色のものよりも小さかったんですよ!そして、驚きなのが、右奥でまだ小枝についているつぼみ、これが日毎に大きくなってくるのです!もう、かわいくてかわいくて目に入れてもいたくない可愛さです♪(笑)

最初は緑とピンクで、その緑がなくなっていって、黄色いプルメリアになっていく。自然の不思議を感じます。DNAが入ってるんですねえ。

それにしても霧吹きであげるお水と空気だけです。それを考えると水と空気っていかに大切かがわかります。

日本はとんでもないことをしてしまいましたね。この水と空気を汚しているんです。原発の地が永久に立ち入りできない死の土地になるなんてことは、2ヶ月前に既に素人の私達の周りでさえ言われていました。それを誰のことを考えて決断したのか、延ばし延ばしにしてどんどん悪化させてしまっているのです。日本の国民のことを真剣に考えてくれる自治体のリーダーが早めの決断をしていたら、もっと避難のしようもあったでしょう。いろんな理由で離れない人々を強制的にでも安全なところに導く、それがリーダーだと思うのですが・・・。

と、つぶやきはおいておいて、プルメリアの保存方法に付いてはフラブログの方に書いてありますので、そちらをご参照ください。お水のやり過ぎも厳禁だと思います。適度に。蒸れてしまうと、傷みも早いです。

さて、このプルメリアには今では300以上もの違う名前を付けられた種類があるそうですが、フラのステージで一般的に使われるのは、この黄色い「シンガポール」と呼ばれる種類。大体はこれを集めるように指示されます。オアフ島ではどこにでもあるし、日持ちのいい品種のように思えます。Wikiによれば、「シンガポール」はコロンビア産だと言うから面白いですね。どこでシンガポールになったのか???

黄色いプルメリアが全部シンガポールかと言うと、微妙に違っていたりします。その前の週に友達のクムフラ、ホークーオカラニが手伝ってくれた時は、うっすらピンクがかったバターのような甘い香りのものが混じりましたが、こちらは水分が多いのか普通のシンガポールよりもシナシナとなるのが早かったです。

IMG_3561

シンガポールに混じって中央近くにあるピンクがかったものです。私はこちらの方が香りが好きだったんですけどね。また、もっとピンクが入ったものとか赤と黄色に別れているものとかもあるのですよ。

実は、私の好きな種類は他にあって、1箇所いい場所を見つけたのです!シンガポールはあまりにありふれて年中使っているので、面白みがないですからねえ。今狙っているんですが、花は小さいし、高くて取れない!もし余裕があってレイが作れる程集められたら、またこちらに載せましょう!



にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村
ぽちっと押してね!


BSブログランキング 

人気ブログランキングへ

ご共感いただけたらポチッとお願いします♪   

Grow Hawaiian Festival 2011

お知らせです♪

ハワイの文化を見て、体験して、そしてハワイの植物に触れることのできるフェスティバルが4月2日(土)ビショップ博物館で行われます。午前9時から午後3時まで。

ステージではクムフラ、スノーバード・ベントさん率いるハーラウのフラ(9:30a.m.〜)、ウェルドン・ケカウオハ(10:30a.m.)、カウカヒ(12:00p.m.)、ワイプナ(1:00p.m.)の生演奏!

ハワイのバナナの種類についてのプレゼン

そして、カパを打ったり、ラウハラを編んだり、レイを作ったり♪

ロミロミやタロ、アヴァもお試しできます!

カマアイナ(ハワイ在住者)と軍人は入場無料。他の地域からのビジターはビショップ博物館の入場料で、博物館の見学と一緒に楽しめます!先着100名様にはプレゼントもあるようです!

この機会にどうぞお立ち寄りください!私もどこかにいます! 

プルメリアを探して

実は、この私も夕べは3時の警報の時までお風呂も入らず起きていたのでした。というのも、うちはワイキキからそれほど遠くないので、あの日本の津波を考えたら、避難ゾーンを超えて水が押し寄せてくるかもしれないと思ったのです。だから、夕べは肌寒かったので、シャワーを浴びて外に出て風邪をひいては困ると思い、Tシャツの上にジャケットを来て、長めのパンツをはいてカウチで仮眠をしていたのです。

なので、今日は1日中睡眠不足。こんな時は家で仕事をしていることがありがたいです。だからと言って、今日はのんびりしていられない日でした。明日は、新しいハーラウのクムのご親族のお葬式があって、そのために私達新人組は黄色のプルメリアのレイを二つずつ作って、マーノアにあるアラカイのオフィスに持っていかなければならないのです。

ところが、この時期プルメリアは咲きはじめで、通常の長さのレイを作ろうとすると50個前後。二つで100個も花を取ってしまったら、プルメリアの木が丸坊主になってしまいます! 

と言うことで、フラシスターと「買う」ことにしたのです。と言っても、例のフラシスはワヒアワ(オアフのおへそ)に住んでいるので、私の方が何かと交通の便がいいのです。わざわざ出て来させるのは可哀想なので、私が買いに行くことにしました。

以前もパフォーマンスでプルメリアのレイを探したことがあるのですが、狙いはチャイナタウンか空港です。チャイナタウンではバラで売ってもくれます。空港は地震の関係でそれほど人がいないかもしれないし、確率としてはチャイナタウンの方が高いので、そちらに行くことにしました。

私が行く店は、ガイドブックに載っているシンディーズではありません。ベレタニアとマウナケアの角のこの店!

IMG_2376

試しに車を停めた前のお店で聞いたら、「プルメリアは今時期じゃないからないよ」と断られたのですが、この店にはあるのです!!!

この通り。
IMG_2377

フラシスと2人分!立派なプルメリアのレイがゲットできました。これで$20!一つ$5という安さです。

お店でレイを作っているオバサンの写真は撮らせてもらえなかったので、お店のまわりだけ。

IMG_2378IMG_2379

電話番号も入っています♪

レイを作ってもらっている間の20分程、この近辺を散策してみました。写真がフェイスブックに載せてありますので、ご覧になってみてください。

ああ〜キャンセルぅ〜〜〜!

今週はたくさんたくさんティーリーフと時間を共にしています。一つは灰作り。今、ティー乾燥中!そして、二つ目はレイ。多分3つは作らないとならないでしょう。これはシスターのファンドレーザーを助けるためです。そして、3つ目は、ハワイ語のクラスのメイおばさんにまたプアケニケニをいただいたので、お返しに女性達とクムのガールフレンドのためにヘアクリップを作ろう!ということです。

それでなくても目が回りそうなくらい忙しいのに、なんでこんなことしてんのかな?と思いつつ、今日は顔に泥を飛ばしながら、そして腕や足は蚊に刺されながら庭のティーをバサバサッといただいてまいりました。多分もう少しいただかないと足りないかもしれないのですが、まあとりあえず10枚ぐらい。

綺麗に洗ってから、デボーニングと呼ばれる骨抜き作業をします。葉っぱの中央の固い芯を取ってあげるのですね。

IMG_2367

これはデボーニングをした後の半々の葉。デボーニングする時は、芯の先端に近いところに切り込みを入れ、そこから剥がすように下に向かって芯を引いてあげると、綺麗に芯が取れます。

これを逆に根元に近い方から剥こうとすると、葉脈に沿って葉っぱがバラバラに避けてしまいますので注意です。これが面倒な人はハサミを使って切っちゃうんですね。私も今日は急いでいたのでティーを半分に裂きながら、ハサミを使いました。

そして、この後、くるくるとまとめて冷凍室か炎天下の車の中にこのティーを寝かせてやわらかくします。

IMG_2368

この子達は、明日かあさってには出てきてレイにされるのです。

残りの葉っぱは、4人のヘアクリップに。
プアケニケニは2日前にもらったものなので、ちょっと疲れてきてしまっています。それに、古くなってきたものは編み込むのには不向きです。

IMG_2369
 
お隣の垣根の植木とか、バードオブパラダイスのオレンジも綺麗だったので、ちょっと拝借!

IMG_2370

4人分のヘアクリップが出来上がりました♪

ところが・・・。ハワイ語のクラスの1時間半前、クムから授業キャンセルの連絡!作ったヘアクリップは行き場所を失ってしまいました。

私のアパートには私を含めて髪の長い女性が4人!3つはそれぞれご近所さんに。そして最後の一つは夕べのフラシスターに行くことになりました。

これって、次の授業の前には、また4つ作るってことよね・・・。 

こだわりの「自然」

ずっと長くお付き合いいただいている方は、もうそろそろ私の性格というものがお分かりになってきたと思いますが、フラ、ハワイのことに関してはかなりの追究派です。(笑) どうでも良いと思うものは後腐れなくバッサリと捨てるのですが、ことハワイになると分からないものが分からないままになることはほとんど稀です。

そこで、「自然」(笑)
この言葉自体がハワイにないのは当たり前だとも思うのです。自然と言う言葉の反対は人口とか人造とか、「そのままの姿」でないことになると思います。例えば都会。作られたものですよね。そういう意味ではホノルル・ワイキキや近辺の街以外に都会のようなコンクリートジャングルがそびえ立っていることはありません。自然だらけです。

そう考えたら、いったい「自然」とは何?そして、いつ頃から言われ始めた言葉なんだろう???と思ったのです。

そういう疑問を持つ人は学者さんとかにもいるらしく、それがビックリなことにヤフーで答えが出てきました♪ いや、ヤフーじゃなかった、楽天!(笑) 読んでくださいね、なかなかベストな回答が並んでいます。

 
そういうことなら、英語のネイチャー(nature)の語源はどうかということが気になり・・・出てきたのがこちら。「物事の本質」「物質世界の中の創造力」「宇宙」・・・哲学的になってきました!


ということは、ハワイでもクムリポにつながっているのではないでしょうか。そういう意味では「自然」や「ネイチャー」を表すものはどこかにありそう・・・

大変なことになってきました。来週のハワイ語のクラスでクムとディスカッションしてみます、クムがノッてきたらの話ですが・・・。(笑)

 
そして、またまた閃いたのですが、ノリさんの質問にあるようにレイ。私達は造花のレイを使うということはクリスマスでもない限りほとんどありません。そして、いただいたレイは必ず「地球」「自然」「生まれたところ」に返します。

「自然」や「ネイチャー」と言う言葉に見合う単語はなくても、コンセプトや考え方というのは存在すると思います。「マナ」であり「アーイナ」であり、「ホヌア」である。そう私は思います。 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
イオラニ宮殿ファン集合!
Tripadvisorさんに選んでいただきました♪
ギャラリー
  • イベントのご案内です♪
  • 明治天皇からの御手紙 − ビショップ博物館の楽しみ方
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
  • 日本人が知らないショッピング
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ